東京海洋大学 大学院海洋科学技術研究科
TOPへ戻る ENGLISH PAGE
海洋環境保全学専攻
 
専攻・専攻の内容



  海洋環境における様々な現象を理解 し、変動機構を解明すると共に、海洋環境の保全と修復を目指して、人間活動に伴って加えられた海洋環境への負荷を抑制・除去するための方策を打ち立てま す。このため、物理学、化学、生物学、数学、情報科学などの理学的な取り組みに加え、環境保全のための工学や現象を社会科学的な視点から価値判断するなど 総合的・学際的な教育研究を行います。
 海洋環境保全学専攻
専攻分野 入学定員


  海洋生物学 
水圏環境化学 
環境システム科学 
環境システム工学 
国際環境文化学
  46名

   
 
 
観測船上で微細構造観測器を前にする大学院生 CTD(水温塩分等観測装置)
 
 
大学院セミナー レーザレーダ(ライダー)を用いたエアロゾル遠隔計測装 置を前にして
 
 


上に戻る
 
博士前期課程

海洋生命科学専攻
食機能保全科学専攻
海洋環境保全学専攻
海 洋管理政策学専攻
海洋システム工学専攻
海運ロジスティクス専攻
食 品流通安全管理専攻

博士後期課程

応用 生命科学専攻
応用環境システム学専攻
 

海洋科学技術研究科
について
単位互換制度
教員紹介・シラバス
入試情報
大学院関連書類ダウンロード
連携大学院
「魅 力ある大学院教育」イニシアティブ
研究・実務融合による食の高度職業人養成
リンク
copyright(c)Tokyo University of Marine Science and Technology