専攻案内

HOME > 専攻案内 > 博士後期課程 > 応用環境システム学専攻

応用環境システム学専攻

応用環境システム学専攻では、海洋環境の解明・利用・保全に関した学理と技術に関連する学際領域の開拓と教育研究を行い、海流の変動機構・物質拡散の計測と予測、資源探査技術の創出、海洋生物と環境の関わり、安全効率的な海上交通輸送システムの構築、先端推力システムの開発、海洋管理政策提言等を対象とします。海と人間の共生の観点から総合的能力を持ち、指導的な立場に立てる人材の養成を目指します。

求める学生像

海を知り、守り、利用する観点から、海洋環境の調査や保全・修復のテクノロジー、海上輸送と港湾における物流、エネルギーの高効率利用に関わる先進の科学技術について、多面的思考を以って取り組むことによって問題解決に至る能力を有する学生を求めます。

専攻分野

  • 海洋環境学 
  • 環境保全システム学
  • 海洋利用システム学
  • ロジスティクス
  • 海洋機械システム学
  • 産業政策文化学
  • ※海上安全テクノロジー
  • ※海洋探査・利用工学

入学定員

19名

応用環境システム学専攻

TOP